ENHYPEN(エンハイプン)日本公演セトリと韓国公演セトリの違いは?

エンハイプン セトリ 日本と韓国比較

世界中で注目を集めているKPOPアイドルグループENHYPEN(エンハイプン)。

ENHYPEN(エンハイプン)は2020年11月30日にデビューしたものの、新型コロナの影響でオフラインでファンと会う機会がほとんどありませんでした。

しかし2022年9月のソウルを皮切りに、現在ワールドツアーの真っ只中です!

現在、日本公演開催中です!!

本記事では、そんなENHYPENのワールドツアー日本公演のセトリを公開します!

韓国公演のセトリも紹介して、日本公演とどう違うのか分析します!

目次

ENHYPEN日本公演セトリ紹介!

ワールドツアーが日本でも開催され、ついにENHYPENが来日しましたね!

ファンにとっては待ちに待った瞬間だったのではないでしょうか?

ENHYPENのメンバーたちも「日本は食事が美味しい」「車の運転席が逆なので不思議」などと、来日の感想を述べてくれています。

日本でのワールドツアーは以下の日程で行われていました。

  • 2022年11月1日、2日 愛知 日本ガイシホール
  • 2022年11月9日、10日 大阪 大阪城ホール
  • 2022年11月15日、16日 神奈川 横浜アリーナ

そしてなんと、追加公演も決まっています

2023年1月21日、22日 大阪 京セラドーム

追加公演はENHYPEN初のドーム公演ですので、席数も多く、楽しみですね♪

そして気になる日本公演のセトリを紹介します!

  1. INTRO : WALK THE LINE
  2. Given-Taken (Japanese Ver)
  3. Flicker
  4. always
  5. For get me not!
  6. TFW (That Feeling When)
  7. Upper Side Dreamin’
  8. Mixed up
  9. Drunk-Dazed(Japanese Ver)
  10. One In a Billion
  11. FEVER
  12. Attention Please
  13. Polaroid Love
  14. Make the change
  15. Tamed-Dashed(Japanese Ver)
  16. Blessed-Cursed(Japanese Ver)
  17. Go Big or Go Home
  18. WALK THE LINE
  19. Future Perfect(Japanese Ver)
    ~ENCORE~
  20. ParadoXXX Invision
  21. Shout Out
  22. OUTRO:FORESHADOW

曲数がとても多いですね!

今までにリリースされたアルバムに入っている曲をほとんど網羅していそうなラインナップです。

これだけの量のパーフォーマンスを目の前で楽しめたファンの皆さんはきっと大満足ですね!

今回の公演で初めて披露される曲もたくさんあり、一瞬も見逃せない公演だったのでは無いでしょうか?

おすすめは「One In a Billion」です!

「One In a Billion」はENHYPENをモチーフにしたWeb漫画のテーマ曲として公開された曲ですが、ワールドツアーで初めて披露されています。

曲中の演出も漫画の世界観を再現しており、歌もダンスも楽しめる一曲となっています。

ENHYPEN韓国公演、アメリカ公演のセトリは?

日本公演のセトリを紹介しましたが、日本より先に行われた韓国とアメリカの公演ではどのようなセトリで開催されたのでしょうか?

韓国公演とアメリカ公演のセトリも紹介しちゃいます!

なお、韓国とアメリカではセトリは同じでしたので、セトリは1つだけ掲載します。

  1. INTRO : WALK THE LINE
  2. Given-Taken
  3. Flicker
  4. Not for sale
  5. Let Me In
  6. TFW (That Feeling When)
  7. Upper Side Dreamin’
  8. Mixed up
  9. Drunk-Dazed
  10. One In a Billion
  11. FEVER
  12. Attention Please
  13. Polaroid Love
  14. Just A Little Bit
  15. Tamed-Dashed
  16. Blessed-Cursed
  17. Go Big or Go Home
  18. Future Perfect
    ENCORE
  19. ParadoXXX Invision
  20. Shout Out
  21. OUTRO:FORESHADOW

それでは、日本公演との違いを説明していきます。

ENHYPEN日本公演と韓国、アメリカのセトリの違いは?

1つ目の違いは、日本語バージョンがある曲は日本公演では、全て日本語バージョンで披露されている点です。

日本公演では、以下の曲が日本語バージョンとなっています

  • Given-Taken
  • Drunk-Dazed
  • Tamed-Dashed
  • Blessed-Cursed
  • Future Perfect

日本語バージョンと原曲どちらが好きかは好みが別れるところではあります。

しかしメンバーたちが、慣れない日本語で一生懸命歌ってくれる姿もとても素敵です!

他の言語で歌ってくれるのは日本語くらいですので、貴重な歌唱を思う存分楽しみましょう。

2つ目の違いは、日本公演については日本オリジナル曲が含まれているという点です。

日本公演では、4曲目の「Not for sale」は「always」に、5曲目の「Let Me In」は「For get me not!」に、14曲目の「Just A Little Bit」は「Make the change」に変更されています。

「Not for sale」と「Let Me In」はENHYPENが初期の時代の曲で懐かしいですし、「Just A Little Bit」はENHYPENには珍しいバラードと日本公演でセトリ落ちしてしまったのは少し残念ですね。

しかし他の公演では決して聞けない日本オリジナル曲が聞けますので、日本公演はかなりお得と言えます!

日本公演の良さは、メンバーが私たちの言葉で歌唱してくれるという親しみやすさなのではないでしょうか。

まとめ

本記事では、ENHYPEN初のワールドツアー日本公演のセトリを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

参戦できなかった方も追加公演がありますし、セトリの順番で今までの曲を聞いて、パフォーマンスを想像するのも楽しいかもしれませんね♪

これからはENHYPENも来日する機会も多くなると思いますので、日本のエンジンもENHYPENをたくさん盛り上げていきましょう!

目次