柿澤勇人の出身大学は?喉から血が出るまで歌を練習した!

柿澤勇人の出身大学

「鎌倉殿13人」の源実朝役で強烈な印象を与えている柿澤勇人さん。今注目の俳優さんです。

そんな柿澤勇人さんの出身大学はどこなのでしょうか?

この記事では柿澤勇人さんの出身大学、高校、中学校をまとめました。

この記事を読めば柿澤勇人さんがいかに演劇に情熱を注いでいたが分かります!

目次

柿澤勇人の出身大学は?

大学は、首都大学東京 人文社会学部人文学科 人文社会学部表象言語専攻に進学しています。

(※「首都大学東京」は2020年4月に「東京都立大学」へ改称しています)

東京都八王子にあります。

こちらの学科は芸術やアート、演劇、文学、思想、デザイン、ファッションなどを幅広く研究するようです。

指定校推薦で入学されています。

家族が反対していた劇団四季の入団に対し、許しを得るためには大学進学が条件だったのです。

劇団四季のオーディションを受けるため、大学入学後すぐに休学願を出し半年間、専門学校の舞台芸術学院に通っています。(緻密な作戦ですね・・・)

こちらの学校は東京都池袋にあり、卒業生には、役所広司・もたいまさこ・山田洋次など数多くの芸能人の名がありました。

柿澤勇人さんは、当時のことをこのようにツイートしています。

喉から血が出るって・・・想像するだけでぞっとしますが、当時の柿澤勇人さんはとにかく無我夢中だったのだと思います。

その後2007年の19歳で見事劇団四季のオーディションに合格し、3年後に退団します。

退団した理由は次第に芝居そのものを勉強し直してみたいと感じるようになったとのこと。

その後、今のホリプロに所属しますが、その間大学に復学し、芸能活動を続けながら7年かけて無事卒業しています。

劇団四季に入団が決まっても大学を辞めなかったというのは、芸の厳しさを知っている家族からのアドバイスでしょうか。

柿澤勇人の出身高校は?

柿澤勇人さんの出身中学はサッカー強豪の都立駒場高校です。

都立駒場高校は東京都目黒区にあります。

こちらの高校は普通科と保健体育科と2つあり、柿澤勇人は保健体育科に進学しています。

高校時代も引き続きサッカーに熱中していました。

卒業後は国公立大学・私立大学の4年制大学に進む人が多い進学校で、学歴は高いと思われます。

運動部の環境も整っており、体育会系が多く在籍しているようです。

柿澤勇人さんは、中学ではサッカーの実力はトップクラスでしたが、高校では『上には上がいる』と実感するようになりました。

そこで、授業の一環である芸術鑑賞で、劇団四季の『ライオンキング』に衝撃をうけ、演劇の道に進むことを決断したそうです。

柿澤勇人の出身中学は?

柿澤勇人さんの出身中学は東京都世田谷区にある私立成城学園中学校です。 

幼稚園から大学まで備えた全一体型の学園の名門校です。

成城大学と同系列で、中高一貫教育を提供する私立中学校になります。

芸能関係の方も多く通っていたようです。

柿澤勇人さんの祖父が『人間国宝』で芸能一家であったことも理由にあるのでしょうか。校風はのんびりとおだやかに、学歴はやや難関とありますが、一貫校でしたら頷けます。

柿澤勇人さんは、中学校ではお兄さんの影響によりサッカーに熱中します。プロを目指すほどの実力であったようです。

お兄さんはのちにプロフィギュアスケーター村主千香さんと結婚していることから、幼少期よりストイックな方々が周りにいて、それが当たり前の環境で育ったのではなでしょうか。

サッカーのプロを目指すために中高一貫の成城学園高校へのストレートの道を捨て、サッカー強豪の都立駒場高校に入学します。

柿澤勇人の出身大学のまとめ

柿澤勇人さんの学歴を紹介しました。

現在のミュージカル俳優として迫力のあるダンス・歌・演技力は、サッカーのプロを目指していた時に培われ、努力してきたことが活かされているように思います。

ジャンルは違いますが、どちらも体力と日々の努力が必要で、その基礎は学生時代のサッカーの練習で身についたものと言えるでしょう。

『人生無駄なことは何もない』ですね!

学歴はやや難関校といわれる学校に入学しており、大学にも進学していることから、平均よりも高い印象を受けます。

特徴的なのは、やはり身体能力が高く推薦入学をされていることです。

インタビューの中で、『劇団の中にはバレエ経験者や大学で歌の勉強をされていた方が多くいました。自分は未経験のところから始めたから、人一倍練習した』とあります。

才能を持ち合わせながら、人一倍努力をした柿澤勇人さん。

これからの活躍がますます楽しみです。

目次