シンクロニシティの芸歴は?M-1で前年の成績を下回ったら解散?!

シンクロニシティ注目の兼業芸人

事務所に所属せずフリーで活動している兼業芸人のシンクロニシティ

2人とも普段は会社に勤務しており、同じ大学の落語研究会出身の男女コンビです。

シュールなネタが癖になり、いつの間にかネタに引き込まれます。

M-1グランプリでも注目されている芸人さんです。

お笑いと仕事を両立させているシンクロシティはどのような芸歴なのでしょうか?

今回はシンクロニシティの芸歴やプロフィールをご紹介します。

目次

シンクロニシティの結成はいつ?

正統派ツッコミの西野(男性)と陰キャでシュールなボケが特徴のよしおか(女性)の二人からなるお笑いコンビです。

2017年結成で漫才を中心に活動しており、キングオブコントにも出場しています。

よしおかのシュールな発言によると、キングオブコントはM-1の練習で出場しているそうです。

二人とも中央大学の落語研究会出身で、よしおかが1浪しているため、西野が2学年先輩になります。

大学時代は数年間別々のコンビで活動しており、よしおかは在学中に別の相方と2016年M-1初出場ながら準々決勝まで勝ち進んでいる実力の持ち主です。

それぞれが解散したのち、2017年によしおかが西野を誘いシンクロニシティが結成されました。

M-1グランプリには結成した2017年から出場しており、翌年2018年からは3年連続準決勝まで進み、結成間もないコンビですが実力があります。

2021年6月より約半年間ヨシオカの体調不良でコンビの活動を休止しており、2022年1月より活動を再開しました。

ネタつくりは主に西野が担当しています。

よしおかもネタは作れるものの、架空の女性コンビ「お花畑ランド」のネタを作るため時間がないというシュールな理由でネタ作りをしていません

漫才のネタは会社勤めをして忙しいので、毎年2個しか作っておらず、西野は2個のネタ用の面白い単語を1年間ずっと考えているそうです。

シンクロニシティ西野のプロフィール

  • 本名 西野 諒太郎(にしの りょうたろう)
  • 1994年3月23日生まれ
  • 男性
  • ツッコミ担当、立ち位置は左側
  • 東京都出身
  • 中央大学卒業

普段は公務員として市の環境の仕事をしています。

お笑いが好きになったのは、父親が撮りためたバラエティ番組を土日にずっと流しており一緒に見ていたからだそうです。

小学生時代に「漫才係」を担任の先生に任命され漫才を披露していたこともお笑い芸人を目指すきっかけになっています。

中央大学在学中は落語研究会に所属し、別の相方と「30度バンク」を組んでいました

西野は大学在学中に「関東大学生お笑いグランプリ」、「国民的大学生グランプリ  個人戦」にて優勝している実力の持ち主です。

当時からネタ作りは西野が担当していました。

大学在学中に「30度バンク」でM-1グランプリにも2回出場しており、初年度は3回戦進出、翌年は初戦敗退しています。

大学卒業を期に「30度バンク」を解散することになりました。

お笑いのプロになるには実力が足りないと思い、お笑いを諦め就職を決意しましたが、よしおかの誘いでシンクロニシティを結成しています。

二人のラジオ「シンクロニシティの録音ラジオ」では、よしおかのシュールなボケによく爆笑しており、よしおかのボケに一番ハマっているのが西野だなと感じます。

シンクロニシティよしおかのプロフィール

  • 本名 吉岡 陽香里(よしおか ひかり)
  • 1994年10月2日生まれ
  • 女性
  • ボケ担当、立ち位置は左側
  • 神奈川県出身
  • 中央大学出身(1浪)

普段は会社員として仕事をしています

お笑い芸人になったのは、幼少期よりお笑いが好きでネタ番組をよく観ていたことと、妹とおもちゃのラジオに録音する遊びを繰り返しているうちに、「なんか私っておもしろいな」と思うようになり、芸人になろうと思ったそうです。

中央大学在学中は西野と同じく落語研究会に所属し、別の相方と「晴天サンティ」を組んでいました。

大学在学中に2016年のM-1グランプリに初出場し、準々決勝まで進出しベストアマチュア賞を受賞しています。

しかし2017年によしおかはこのままコンビで世の中にでる想像ができず、先が見えないという理由で「晴天サンティ」を解散しました。

その後2017年によしおかが西野を誘い「シンクロニシティ」を結成しました。

よしおかの特徴はとにかく陰キャでシュールな発言です。

西野を毎回笑わせていますが、時には困らせてもいます。

特に困らせているエピソードが、よしおかはM-1グランプリで前年の年の成績を下回ったら解散すると西野に宣言しています。

西野は毎回M-1グランプリに出場する度に冷や冷やしながら出場しているそうです。

普段よしおかも会社員として仕事をしています。

就職試験の面接の際に漫才をしていることを自己アピールしたそうですが、暗い雰囲気から面接官に信じてもらえなかったようです。

面接官がYouTubeを観てようやく信じてもらえて、見事その企業に就職し今もその企業に勤めています。

シンクロニシティのおすすめネタ紹介

2022年M-1グランプリ予選 漫才ネタ

2022年準決勝進出を決めたネタです。

よしおかのシュールなキャラが際立っているネタです。

ネタ自体もよく考えられており、よしおかの限られた文字数でのシュールな発言が非常におもしろいです。

THE VERY BEST OF FREE予選 コントネタ

2017年THE VERY BEST OF FREE予選1回戦のコントネタです。

シンクロニシティは漫才だけでなくコントも面白いです。

こちらのコントはよしおかの陰キャなキャラが出ているネタです。

シンクロニシティのまとめ

陰キャなよしおかのシュールな発言を西野のツッコミでお笑いにするシンクロニシティです。

M-1グランプリでは毎回準決勝までは残るものの、あと一歩であえなく敗退しています。

漫才、コントともにおもしろく、今後会社員を卒業してお笑いに専念したら爆発的に伸びる可能性を秘めているコンビです。

目次