高橋文哉の演技が上手い!まるで別人!過去のおすすめドラマを紹介!

高橋文哉おすすめドラマ

日経トレンディが選ぶ「2023年来年の顔」に高橋文哉さんが選ばれました!

高橋文哉さんは顔だけでなく、演技力でも注目を浴びています。

高橋文哉さんは本当に演技が上手いんですよ。過去に出演したドラマを見てもどれも別人なんです。

今回はそんな高橋文哉さんの演技がいかに上手いか、私のおすすめするドラマを紹介します!

中にはキモイ高校生役もあり、ぜひ見てほしい作品でもあります!

目次

演技が上手い高橋文哉の原点のドラマとは

高橋文哉さんは現在21歳。身長176cmのイケメン俳優さんです。

そんな高橋文哉さんが「日経トレンディ」が選ぶ「2023年 来年の顔」に決まりました!

もうすでに高橋文哉さんの時代に入っているような気がしますが、来年間違いなく飛躍的にブレイクすると思われます!

高橋文哉さんの原点ともいえるドラマは・・・

2019年9月1日からに放送された仮面ライダーシリーズ『仮面ライダーゼロワン』で仮面ライダーゼロワン役で主演を務めました。それが彼のドラマの原点です!

それからドラマには多く出演していますが、主演は「仮面ライダーゼロワン」のみでした。

その後、主役を演じたのが現在放送されているTBSドラマ「君の花になるです。後程ご紹介します(*^-^*)

さまざまなドラマに出演されていますが、ほとんど脇役でありながらも主役に引けを取らない存在感があります。

そして、「え?この人、高橋文哉だったの?」ってことが幾度となくあるんです。

あとから気づくみたいな。別人のようなんです。それが毎回なので、よーく考えていたのですが、

高橋文哉は役で高橋文哉自身を全く消しているってことです。

俳優なんだから、当たり前!と言われてしまうかもしれませんが、雰囲気が全く違うんですよね。

これが彼のすごいところなんだと思います。

長々と書いてしまいましたが、さっそく高橋文哉さんのおすすめドラマを紹介します。

高橋文哉おすすめドラマ「君の花になる」ツン多めのミュージシャン

君の花になる(2022年10月18日 – 、TBS) – 佐神弾 役

「君の花になる」は現在放送中。毎週火曜夜10時からTBSで放送されています。

なんといっても佐神弾役を演じる高橋文哉さんが主役ですので、もりもりに出演されています!!

今まで出演されていたドラマでは「年下キャラ」的なものが多かったのですが、今回は中心人物として周りを引っ張っていくタイプになりますので、新しい高橋文哉さんが観れます!

そして、実際に期間限定ボーイスグループ「8LOOM(ブルーム)」としてもドラマ以外で活躍しているのです。

歌はもちろんダンスも初挑戦の、間違いなく高橋文哉さんのターニングポイントとなる作品です。

また動画配信サービス「Paravi」では、「君の花になる 8LOOMROOM」という番組で司会もこなしています。それが上手なんですよ。肩の力が抜けていて上手に司会進行してるんですよ。

「君の花になる」ですべてをやりつくしたといっても過言ではありません。歌、ダンス、司会、着ぐるみ!とすごい経験値を積み上げています!

最後に、やっぱり演技ですね。

このドラマ「君の花になる」で演じる佐神弾は「ツン多めのツンデレさん」です。

現在3話まで放送されていますが、笑顔は全く観られません。とにかくツンです。そして程よくキュンとさせてくれます。とにかく1話目がヤバかった・・・。

とにかくかっこいいですよ。いつものやさしいニコニコの高橋文哉さんはどこへ行ったって感じですが、そこがまたいいんですよ!

高橋文哉さんの事が気になりだした方は、ぜひ観てほしい作品です。

高橋文哉おすすめドラマ「夢中さ、君に」キモイ高校生役

「夢中さ、きみに。」2021年1月7日~MBS)二階堂明役

画像はとびっきりの笑顔ですけどね。

「夢中さ、君に」は全8話で、大西竜星さんが演じる林美良の回が全4話で、高橋文哉さん演じる二階堂明の回が全4話という構成になっています。

実質主演ってことですかね。そして・・・

まさかこの人高橋文哉だったの?!って思ったドラマです。

ちょっとネタバレなんですけど、高橋文哉演じる二階堂明が気持ち悪いんですよ。

高校生役で、前の席に陽キャの目高優一(坂東龍汰さん)がいるんですよ。二階堂明は陰キャなので、ひっそりしたいんですけどね、その目高優一に目をつけられて、とんでもない事が発覚してしまうのです!

あらすじはさておき、その二階堂明がすごいんですよ。制服をズボンにインしてるんですよ。ブレザーをですよ

入学式の時は坊主ですからね。(高橋文哉さんが坊主ですよ!)

こんな高橋文哉さん、他では観れませんよ!永久保存版ですね(*^-^*)

高橋文哉おすすめドラマ「最愛」いろんな感情が入り乱れる難しい役どころ

「最愛」(2021年10月15日から12月17日TBSテレビ朝宮優役

この作品で一気に高橋文哉さんが注目されましたね。かなり鍵を握っている人物でした。

「え!?この役も高橋文哉さんだったの?」って思った作品です。

あんまり言っていると、本当は高橋文哉さんの事を知らないだけじゃないの?と言われそうですが、知っていました。

実はそれほど注目していなかったせいだと思うのですが、後になって「そうだったの?」って事が多いんですよ。高橋文哉さんに限っては。

「最愛」での高橋文哉さんを絶賛する声は多かったです。

キャストが豪華でしたが、それに負けず劣らずめちゃくちゃ惹きつけられる演技をしていましたね。

存在感や儚さ、透明感や影が入り混じっているとてもむずかしい役どころを見事演じ切りました!

高橋文哉おすすめドラマ「先生を消す方程式」めっちゃ悪い高校生役

「先生を消す方程式」(2020年10月31日から12月19日までテレビ朝日)藤原刀矢役

こちらは、鈴木おさむさんによるオリジナル脚本作品です。そのためすごいです。いろんな意味でとても面白いドラマでした。

そこに登場する藤原刀矢演じる高橋文哉さん。高校生役なんですけどね、とっても優秀でおりこうさんなんですよ。学園一の優等生なんですよ。

しかしですね、話が進むにつれて、最悪な役だと発覚するんです。

クラスの悪い奴らのリーダーだったんです。で、一番悪い奴なんですよ!

(ドラマが進むうちに、もっと悪い奴が出てくるんですけど、とにかくはちゃめちゃなドラマなのでおすすめです))

こんな高橋文哉さんもいるんだなと思いました。

すごいですよね。かっこいい役も、キモイ役も、悪い役も演じてるんですよ。別人ですよ!

つづく・・・

目次